ボタンエビ 久慈町漁業協同組合 [日立市]

botanebi_00_0804

卵はキャビアのような味わい
地元の銘品、正真正銘のボタンエビ

◎漁獲量が少なく希少価値が高い
◎心地よい歯ごたえ、コクとキレのある甘み
◎姿も美しく、一尾で料理映えする


腹部に赤い斑紋があるため、その名が付いた「ボタンエビ」。北海道から四国までの太平洋側の水深300〜500mのところに生息する甘エビの仲間で、日本の固有種。日本海から北海道にかけて生息し、漁獲量も多いトヤマエビもボタンエビと呼ばれるが実は別種。こちらが正真正銘だ。茨城県近海のボタンエビは身が大きくコクがあり、一尾でも食べ応えも十分。まさに地元のブランド品と言える、『ご当地グルメ』だ。  さらに久慈漁港のボタンエビは漁獲量が少ないため希少価値が高い。なかでも卵を持つ大きめのボタンエビの場合、さらに価値が上がる。エメラルドグリーンの卵は小粒のキャビアのように口当たりが繊細で味は濃厚。身とともに味わう口福と美しい見栄えから、地元へ出回る事も少なく、そのほとんどが高級料亭に卸されている。  漁獲後は、深いところに暮らすボタンエビは海底付近と海面との水温差で、通常弱るかすぐに死んでしまう。しかし久慈漁港では漁獲後の船上での温度管理をていねいに行っているため、港にあがったボタンエビが元気に生きている姿も見る事ができる。新鮮な身は、心地よい歯ごたえとともに甘みが口に広がる。ボタンエビ本来のうま味、コクのある甘味を楽しむため、鮮度の良いうちに生で頂くのが正しい食べ方だろう。

food40_01

food40_02

food40_03

food40_04

food40_05

food40_06

久慈町漁業協同組合

food40_00

五来 靖彦さん

〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-1-2
Tel.0294-52-3360

食品カタログPDF