いばらき地養豚 飯島畜産 [鉾田市]

  • 畜産

DSC_1092

サプリメントと専用の飼料で育成

◎おいしさが表れている純白の脂
◎こだわりの飼育法によりジューシーで甘味のある肉
◎豚特有の臭みやアクが少なくコレステロールも低い


肉の良し悪しはまず脂身に表れるという。地養豚の脂身はくっきりとした白。冷蔵庫内でフックに掛けられた豚枝肉に触れてみると、素人でもその引き締まった肉質の違いは明らかにわかる。ところが薄切りにしてしゃぶしゃぶにするとその印象は一変する。柔らかい赤身、甘味を感じる脂、クセがなく上品な味わいで、アクの出方も非常に少ない。ホテルオークラ東京や日進ワールドデリカテッセンなど、食材への厳しい選択眼にも「いばらき地養豚」は高い評価を得、長く選ばれ続けている由縁である。地養豚には厳密な定義が設けられている。生後1ヶ月半からは子豚の生育に適した飼料を配合した「グローリッチ」を与え、体重が70キロを超えると、木酢精製液を吸着させたゼオライト(豚特有の臭みを取り整腸作用がある)、海藻(肉の旨味を引き出す)、ヨモギ(肉の光沢、色、弾力性を引き出す)を含む飼料「地養素」を与える。出荷2ヶ月前からは約30%の麦を含む飼料を与えて更なるおいしさを追求することで、名前に”いばらき”と付けて差別化を図っている。生産者の熱意と手厚い管理によって「いばらき地養豚」は安全、安心でおいしいお肉となって皆様の食卓に届けられている。取り扱っているのはここ飯島畜産だけである。

iijima01

iijima02

iijima03

iijima04

iijima05

iijima06

飯島畜産株式会社

iijima_prof

代表取締役 飯島俊明さん

〒311-2111 鉾田市上沢1746-4
Tel.0291-39-2181

食品カタログPDF