ローズポーク 鈴木養豚場(ローズポーク指定生産者) [茨城町]

  • 畜産

_DSC0308

茨城が生んだ安全で美味しい銘柄豚肉
生産から販売まで一貫管理

◎「育てる豚」「育てる人」「育てる飼料」を指定した安心・安全な美味しさ
◎柔らかくきめ細かい肉質
◎ローズ専用飼料に含まれる大麦が引き出すコクのある旨味


全国有数の養豚県である茨城が誇る銘柄豚肉「ローズポーク」。「育てる豚」「育てる人」「育てる飼料」を指定し、衛生管理や出荷実績など、さまざまな厳しい条件を満たしたものにだけ与えられる称号で、現在、生産者は34軒。さらに販売店も限定し、生産から販売まで一貫管理をすることで、安定した品質を保ち、安心・安全な商品として自信を持って消費者に届けている。

肉質は柔らかく、きめ細かいのが特徴で、甘みを感じる良質の脂身が、調理した時の肉の旨味をより際立たせている。この旨味を特徴づけるのは、生育段階に応じて与える三種類のローズ専用飼料。特に、仕上げ段階で与える飼料には大麦が15%含まれ、この大麦が肉の臭みを抑え、コクのある旨味を引き出す決め手だ。

さらに「他の豚に比べて出荷までに時間がかかる」と言われるローズポークだが、それだけ手間と時間をかけてじっくり飼育するからこそ、他にはない柔らかさと風味が生まれるのだ。  全国各地で様々な銘柄豚肉が生まれる昨今、ローズポークのように40年以上も生産が継続される銘柄は稀だそうだ。長い間、多くの人々に愛され、高い品質を誇る銘柄豚肉は、手間を惜しまず、手塩にかけて育て上げる生産者の日々の努力と情熱によって支えられている。  2013年4月、国内100を超える銘柄豚肉を対象に開催された「銘柄ポークコンテスト」の第1回から第10回までの最優秀賞を受賞した10銘柄が集結し、グランドチャンピオンを選定する「全国銘柄ポークコンテストグランドチャンピオン大会」が開催され、ローズポークは3位に入賞した。

pork_04-1

pork_04-2

pork_04-3

pork_04-4

pork_04-5

pork_04-6

JA全農いばらき 販売企画部 食肉センター

pork_02

■鈴木養豚場
茨城県銘柄豚振興会理事
ローズポーク指定生産者連絡会
会長 鈴木 光一さん

■JA全農いばらき 販売企画部 食肉センター
〒311-3155
東茨城郡茨城町
下土師字高山1950番地1
Tel.029-292-6907

食品カタログPDF