四季のベビーリーフ 株式会社レインボーフューチャー [筑西市]

  • 青果

raibow02

四季折々に楽しむサラダ
ベビーリーフと旬の野菜たち

◎常時7種類以上揃うベビーリーフ
◎年間約30種類の旬の野菜
◎循環型農業を目指した有機農法で栽培


経理畑のサラリーマンだったが、勤め先の農業法人の立ち上げに関わり6年間従事するうちに野菜の魅力に目覚め、2000年に退職。自ら農薬や化学肥料を使わない野菜作りを始めた。本当に納得できる品質に仕上げるためには、収穫を焦らず、時間をかけて栽培技術を磨かなくてはならないという考えだ。その傍ら東京中を営業に歩き、野菜への熱い思いを伝え続けたことから、10年もしないうちに高級スーパーや百貨店、ファミリーレストランなどの取引先を獲得し、「次はこんな野菜がほしい」という要望に応えるなかで栽培品目も増えてきた。最近は本当においしい野菜は何なのか、安全で有機だというだけではだめなのではないかと、改めて疑問を感じている。究極の野菜、それは農薬や肥料を一切使用せず、完全に自然に任せた栽培が本物なのかもしれないという思いがあり、5年前から実験的に、圃場に人の手を何も加えない状態で野菜を作り続けている。その結果、硝酸体窒素が少なくえぐみのない野菜ができるようになり、また虫の発生も少なく栽培しやすくなったという。  野菜の種類を増やし規模を拡大するために、北海道の生産者と手を組み、栽培技術を高め合いながらリスク分散する工夫も行っている。生産と販売の次に取り組んでいるのは、循環型農業の確立。山形県の成功事例などを手本に、現在は給食センターやスーパーから出た生ゴミを引き取り、それを堆肥化させている。生ゴミには化学調味料等も含まれているので、1年間寝かせて微生物に分解させ、窒素分の少ない堆肥を作ってそれで野菜を育てている。四季折々に常時7種類以上のベビーリーフが採れる体制で、食卓に健康とみずみずしさを届けている。

raibow04

raibow05

raibow06

raibow07

raibow08

raibow09

株式会社レインボーフューチャー

raibow03

代表 大和田 忠さん

〒308-0111 筑西市舟入185-1
Tel. 0296-20-3339