130種のハーブと野菜 シモタファーム [取手市]

  • 青果

shimota_00_5687

土と真摯に向き合い40年
職人技の土づくり

◎完熟堆肥で、野菜に最適な土づくりをしています
◎年間130種ものハーブと野菜を栽培
◎自然のサイクルに逆らわない、旬の素材だけをお届けします


県の南端に位置する取手市で、ハーブ類と野菜を栽培。ことハーブに関しては、扱っていないものはないのではと思うほど、西洋・東洋の多種多様な面々が揃う。毎日20種以上を出荷、敷地内に育つハーブは130種にものぼるという。農業を始めた当初、連作障害を起こしたことに端を発し、ここから土壌の研究を始めた。大学の教授とともに土壌の分析、研究を進め、現在では敷地内に検査機材も設置。日々、野菜や土壌の栄養成分を調べ、科学的に分析したデータを栽培に生かしている。「栄養価が一番高い時期だから」という理由で、ミニ野菜も、一般的なミニ野菜よりもさらに若い状態で出荷している。とはいえ、もちろん野菜は「おいしいから食べる」もの。その表れでもあるように、名だたるレストランのシェフからもひいきにされている。農産物のマルシェにも出店し、リピーターも多い。フレッシュハーブで淹れるハーブティーのその香り高さと深い味わいは、一度飲んだらやめられなくなること必至だ。

DSC6984

shimota_02_5667

DSC6875

DSC6928

shimota_01_5657

DSC6960

シモタファーム

shimotasan

株式会社M&Yシモタファーム
代表 霜多増雄さん

〒302-0036 茨城県取手市貝塚192
Tel.0297-78-823

食品カタログPDF