一番星 潮来市大規模稲作研究会 [潮来市]

  • 青果

ichibancoshi_00

茨城県が独自に開発した新品種
歯ごたえがあり、さっぱりとした食味

◎粒が大きくもちもちした食感
◎冷害や高温に強く安定して収穫できる
◎従来品種より早く収穫できる極早生米


平成25年から本格販売がはじまった茨城県オリジナル米として、今注目を集めている。早場米地帯である県南・鹿行地域では、従来「あきたこまち」が作付けされているが、早期の出荷では、十分成熟する前に収穫され品質・収量が不安定であることが問題となっていた。そこで、それを解消するため、茨城県が1999年から研究・開発に着手。長い歳月をかけてようやく完成した。

「あきたこまち」に比べ、2〜3日早く収穫でき、収量・品質ともに同等に良い。冷害や高温に強く、安定して収穫できるのも大きなメリットだ。米粒は厚みがあり大きく、もちもちと歯ごたえがあのある食感に加え、食味もさっぱりとしておいしい。今後は早場米の代表品種「あきたこまち」と並ぶ極早生のブランド米として期待されている。

ichibanboshi_01n

ichibanboshi_02

ichibanboshi_04

ichibanboshi_05

JAなめがた 営農経済部

ichibanboshi_03

〒311-3835 茨城県行方市島並857-35
Tel. 0299-72-1880 Fax. 0299-72-1113