HATAKE AOYAMA [南青山]

  • RESTAURANT

DSC_6182

野菜のストーリーを感じられる
青山の畑

都会にいながら、土の香りまでも感じることができるレストランだ。シェフの出身地である茨城県や千葉県を中心に野菜を仕入れ、千葉県旭市には契約の畑を持ち、シェフ自らも定期的に畑に出向き農作業を手伝う。シェフが「自分の畑が持ちたかった」ことから生まれた、都会のHATAKE(畑)。看板料理であるバーニャカウダは、大豆などを使って畑に見立てた器に盛られ、野菜を手に取る瞬間は、さながら収穫体験のよう。テラスでは無農薬で野菜も栽培し、青山育ちの野菜も料理に使われる。「えぐみがなく、何よりも香りがいい」と、取手市のシモタファームのハーブも愛用。写真は「インゲンとじゃがいもに自家製のツナで和えたオーガニックバジルのジェノベーゼスパゲティー」(ハーフサイズ945円、レギュラーサイズ1,680円)。シモタファームのバジルだけではなく、この日はインゲンやじゃがいもも茨城県そだち。料理ひとつひとつに、使われる素材の物語がある。どこからやってきた素材なのか、ぜひその物語を尋ねながら料理を楽しみたい。

DSC_6142

DSC_6126

HATAKE AOYAMA

hatake_jinbo

総料理長 神保佳永さん

HATAKE AOYAMA

DSC_6277

■〒107-0062 東京都港区南青山5-7-2 B1F
■Tel.03-3498-0730
■定休日:不定休
■営業時間: 平日11:30-15:00(L.O.14:30)、
土日祝11:30-15:00(L.O.14:00)、17:30-23:00(L.O22:00)